ゆろじの馬見録

4/29 馬見

2006/05/02(02:23)

先週土曜分の馬見です。
この日はパドックが楽しかった!(特に前半)
次に繋がるネタが多かった気がします。

1R

○ パッサリン
 パワー体型のダート馬。内枠、行って正解。順当。
▲ ケンブリッジマイア
 馬体の良さは相変わらず。チークピース着用。気性面。芝。
△ インザリピート
 馬体薄め。芝ダは問わずソコソコ。
△ ローズクラウン
 小柄だが見劣らない。がここではパワー負け。
△ カナハラグレース
 悪くなかった。条件向きそう。
・ プラチナベリー
 芝ベターの印象。
・ フジファレノプシス
 気配は良いがまだ太め。
・ トーセンオマージュ
 芝で。
・ レッドアーチ
 これもどちらかといえば芝。

2R

▲ トップオブタヤス
 柔らかく好仕上がり。ただし芝馬。芝の中距離で次走注目大。
▲ アグネスホンジン
 骨太のスピード体型。現状ダートで短い程良いだろう。
△ キョクイチデュラ
 スラっと出来ていたが。ちょっと止まりすぎ。
△ ダイワラファエル
 馬は悪くない。芝で乗り替われば。
△ ビートザディーラー
 デキとしてはこの馬なりの印象だったが。内田2走目で変身。
△ オンワードカイザー
 まだ余裕あり。叩かれつつ。

3R

○ マイネルスパルナ
 芝の中距離。弾力感ある好馬体。すぐ順番。
▲ リワードオーディン
 馬格ある芝馬でキッチリ仕上がる。
▲ アドバンテージ
 脚長めの芝馬で中長距離向き。これも近々。
△ マイネルアントス
 スタミナタイプの芦毛。逃げて安定しそう。
・コスモスコヴィル
 デキは悪くないが。相手弱化で。
・ロットバルト
 長距離向き。決め手はなさそうでスタミナ戦待ち。
・ダブルマイル
 成長途上の感。もう少し短い距離あたりから徐々に。

5R

▲ インザムーンライト
 バランスよし。芝でも。
△ エフテークリニック
 スピード体型。スタミナ課題。
△ スターラビット
 腹ボテのパワータイプ。
・ ロトペガシス
 やや細め。パワーに欠ける。現状ローカル。
・ パトスクイーン
 まだ緩い。形はわるくないので、絞れて変わる余地。
・ ローランシャルフ
 芝馬。
・ アルファリゲル
 強調材料に欠ける。
・ サファリバンブー
 芝ベター。
・ ニシノスカイハイ
 ハリ一息。叩かれつつ。

6R

○ スカイウォーク
 大型でまだ余裕あるがバランスある好馬体。慣れてくれば上でも通用。
▲ オーベルステージュ
 デキよく順調。
△ ダイナミック
 順調感。相手次第でそれなり。
△ キングポッシブル
 若干余裕あるが気配よし。芝向き。
△ ニューフロンティア
 デキまずまず。使われて。
△ セイウンノセイセン
 ナキ。若さ。叩かれて前進。
 

7R

▲ ソフトパワー
 やや余裕。前走とは逆に巧く立ち回って2着確保。
▲ レオマジック
 デキキープ。
▲ ナイススマートワン
 キッチリ仕上がる。次は実力を出せそう。
▲ エーピーゴンタ
 デキよし。
△ サウスデピュティ
 気配良好。
△ エボニービジョン
 張りある好仕上がり。ただし芝ベター。

8R

▲ イットーフレンチ
 デキよし。芝ダ兼用タイプ。
▲ エアコムロー
 馬上位。ただし若干急仕上げ感。次は順当に。
△ アラマサフェアリー
 好調アピール。だたしローカル向きの感。
△ マイネコンテッサ
 牝馬同士では上位に見せるが、この距離は忙しそう。
△ コウユールビー
 好調キープ。
・ ウインゼフィール
 薄い芝馬。強調材料乏しい。
・ アイアムザヒロイン
 スピード馬。体がフックラしてくれば。

9R

▲ ピーターキャット
 小柄だがパーツは良い。ただし捌きがやや硬めで、現状短距離か。
▲ フュノンガルウ
 気配良好。相手ひとつ。
▲ フェラーリファイブ
 大らかに造って来ているし、本格化は先。中距離ベスト。
△ ディアタキオン
 芝ダ兼用。
△ カイシュウタキオン
 あまり変わってないが。府中では現級上位の存在。
△ ビッグカポネ
 マズマズ。そろそろダートか。
△ マチカネタマカズラ
 ダートの先行馬。

10R

○ オールピュール
 デキ気配良好。出遅れて外回ったにしても伸びず。
▲ シルクタイガー
 気性面が成長。あとは力通り。
△ ダークフラッシュ
△ カフェベネチアン
△ テンザンダンディー
△ ヒカルドウキセイ
△ ヤナギムシ

11R

人気上位のサンデーサイレンスのラストクロップ達。
ただしそれぞれにタイプが異なるのが面白いところ。

○ アドマイヤメイン
 ボリュームある好馬体で、メンバー的に一枚上。
 展開も味方に楽勝。豊としては悩みどころでしょう。
▲ マチカネゲンジ
 バランスタイプ。ジワッと力を付けそうだが、常に人気がつきまとうでしょう。
▲ マツリダゴッホ
 サンデーの決め脚タイプ。現状気性面が課題だが、大舞台で一発あるならやはりコレ。
▲ エイシンテンリュー
 成績から、もっと線の細いタイプと予想してたが、意外とジューシーなサンデー産。
 ただし現状では突き抜ける大物感はなし。
△ マイネルアラバンサ
 線が細めの芝中長距離。距離は歓迎のクチ。
・ エフセイコー
 ここでは強調点不足。
・ タマモサポート
 大外から太刀打ちする地力は感じない。混戦向き。

12R

△ サヨウナラ
△ リッチスマイル
△ メジロカール
△ ナムラハトル
△ エミリア
△ ラヴァーズナット

この記事に対するコメントを書く

お名前 : 
コメント : 

トラックバックURL

http://blog.team-nave.com/cgi-local/tb.cgi/yuroji_uma/20060502022326

UL 1007 AWG 22 100mリール巻UL 1007 AWG 22 100mリール巻
¥1,365(税込)
電線屋さん

CM:APIで、クラウド経由によるボートレース/競艇のインターネット投票を自動システム化。インターネット通信(https)でご利用できるため、プラットフォームは何でもOK。
▲ページのトップへ